本文へスキップ

似顔絵の宮地は似顔絵画家・宮地真一の似顔絵のお店です。

           似顔絵の宮地

http://www.shinichimiyachi.com/

plofile

似顔絵画家 宮地 真一  Shinichi Miyachi

店内イメージ
広島県尾道市瀬戸田町出身。
千葉県浦安市在住。

2000年〜

(21歳)より大手似顔絵プロダクションに所属。
一日100人以上描く日もあり、人気画家となる。

2001年、得意のデフォルメ似顔絵で、ISCA(旧NCN)主催の世界似顔絵大会で総合3位を獲得。他にも毎年、数々の部門優勝を収める。参加した大会での受賞暦は以下のとおり。

2005年〜

プロダクションを退社、独立する。
この年より都内にある某会員制プライベートクラブにて、似顔絵画家として毎年招かれるようになる。また、六本木ヒルズや有名レストランのパーティ、タレントの結婚披露パーティなど、イベント等 様々な場所で似顔絵を提供。
2006年、東京タワーでの営業を開始。

2009年〜

勉強のためアメリカやドイツにて、世界的な画家であるドイツ人のSebastian Krugerのワークショップに参加。広島県で初の展覧会も行う。
2011年にはスペインで行われたミニコンベンションに参加。ヨーロッパのアーティストから高評価を得る。

2012年〜

雑誌『ニューズウィーク日本版』『Pen』などを出版している出版社 阪急コミュニケーションズ発行のビジネス書籍『タフガイの仕事術』のカバーイラストを担当。同年、博報堂の依頼で、カゴメ株式会社のインターネット配信のムービー「似顔絵画家がケチャップアート」篇に出演。ヤフートピックスにも掲載される。

2013年、企業からの依頼でアメリカ サンフランシスコへ出張。パーティで和風の演出を交え似顔絵を提供する。

2015年、関門汽船さまの依頼で唐戸〜巌流島間を走る船に描くイラストを描く。武蔵と小次郎の対決風景のイラストのご依頼。

2016年〜

2016年、TVドラマ「ドクターカー」の小道具用絵本イラストを制作。
2017年、パーティ向け浮世絵風似顔絵 大和ポンチ絵 をイベントで展開。外国人のパーティを中心に人気。
現在も会員制プライベートクラブ、著名人のパーティ、ホテル、ブライダル関係、企業イベントなどに出張し似顔絵を提供している。
一般の方からのインターネットからの注文も受け付けており、営業場所は東京タワーをはじめショッピングモールや百貨店など様々な場所で展開。ファンを増やし続け、「宮地の絵」のために遠方より足を運んで下さる方も多い。
「似顔絵で人を楽しませたい」という思いのもと、似顔絵を見た人が楽しい気分になれるような似顔絵を研究し描き続ける。
 
 



   






ISCA(旧NCN)受賞歴
International Society of Caricature Artists Convention

アメリカでは毎年ISCA(旧NCN)が主催する世界似顔絵大会(コンベンション)が行われます。
全米各地はもちろん世界中からプロの似顔絵描きが集って腕を競い合います。
宮地真一は、2001年に総合3位に入賞したほか、デフォルメ部門、ベスト作品賞部門など様々な部門で優勝しました。

料理イメージ

2001年
アトランタ大会において 総合3位に入賞
ユーモア部門 3位
デフォルメ部門 準優勝
2002年
ラスベガス大会において 総合4位入賞
デフォルメ部門 優勝
ベスト似顔絵部門 優勝
ユーモア部門 準優勝
2004年
オーランド大会において 総合7位入賞
早描き部門 優勝
ゲストチョイス部門(Sebastian Kruger) 3位入賞
2005年
ラスベガス大会において 総合4位入賞
ゲストチョイス部門(David Cowles) 1位入賞
2010年
ラスベガス大会において 総合5位入賞



■スペインで開かれたミニコンベンションでの作品

2011年スペイン・ジローナで開催されたもの。沢山の参加者から、高評価を得られました。




■海外アーティストのワークショップにも積極的に参加

宮地真一が尊敬しているセバスチャン・クルーガーのワークショップ。
アメリカとドイツで行われたものに参加。





宮地 真一から

食材イメージ

 似顔絵画家として17年、独立して12年になりました。皆さんに支えられ、今も楽しく絵を描き続けられています。似顔絵初挑戦の時に小さかった子が、会うたびに大きくなっていく様子がとても嬉しかったり、恋人から家族になった報告をうけたり、お客さんから幸せを沢山いただいてます。お客さんに楽しんでもらえる似顔絵を描き続けられるよう、地道に勉強を続けていこうと思っています。これからもどうぞ よろしくお願いします。
 


店舗イメージ

artist似顔絵アーティスト

似顔絵画家 宮地 真一

画家歴17年の似顔絵画家。似顔絵の仕事のほか、ケチャップアートの作品制作やムービー出演、本のイラストなども手掛ける。楽しいタッチの画風で幅広い年代に親しまれている。趣味は散歩と読書。歴史上の偉人が大好き。